Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

Only 20 days left this year. “現時点の会社の評価”と“知っておいて損はしない経営マインド”

なぜ前々回『残り30日、残り20日、残り10日、残り1日のタイミングで更新するという変則カウントダウン形式でも取り入れていこうと思う』なんてことを書いてしまったのか…

今になってとても理解に苦しみますけど、平成最後の年越しまで残すところ今日を含めてあと20日になりましたね。

というわけで繁忙期真っ只中の弊社人材サービス部門ですが、先週の土曜日は“コンパニオン派遣サービス発足以来最多の登録女性が稼働してくれた日”となりました!

この時期は、一般企業の忘年会シーズンで例年多くのお客様にご利用いただくのですが、“発足以来最多”を5年目に達成できたということは、少しずつでもサービス自体が成長しているのかな…なんて考えることもでき、赤井英和さんのように褒められたい気分です。

 

あ、ちなみに大きくなったとは思っていません。

「真面目にやってきたからよ」と褒められたいだけです。

↑もうええ笑

大手信用調査会社が下した現時点の会社の評価

さて、今年も社長業は真面目にやってきたつもりなのですが、経営手法は相変わらず独自路線だったりします。

そもそも経営学を学んだりセミナーや異業種交流会に参加したこともないですし、経営者仲間がいたことがないので、独自路線にならざる得ないんですけどね笑

そんな我が社ですが、今年は経営状況を採点されるような機会が数回ありました。

そのひとつが『東京商工リサーチ』という国内第2位の信用調査会社が企業を評価する『評点』と呼ばれるもの。

これは、『経営者能力』『成長性』『安定性』『公開性・総合世評』という4つの視点から100点満点で企業を評価する偏差値みたいなものらしいんですけど、

f:id:gi-communications:20181212194358p:plain

『こういう誰かに点を付けられるような感覚好きじゃないんだよなぁ。大体、誰もが知っている有名企業でも80点以上なんて稀らしいし、ほとんどの中小企業は30~49点という評点に収まるらしいし…』

なんて考えるタイプの僕が伝え聞いたこの会社の評点は、


「50点」

正直、これを聞いた時は『え?そんなにあるの?』と思っちゃいました笑

それにキリの良い数字ですし。

ちなみに、1年以内に倒産する可能性は0%みたいです。
(これに関しても赤井英和さんのように褒められたい気…)

知っておいて損はしない経営マインド

ここからは『将来経営者や個人事業主として生きていきたい』と考えている方に覗いてもらえる可能性があるとの前提で、『こう考えといて損はない』という経営マインドを書き残しておこうと思うのですが、まず企業が倒産したり個人事業主として食えなくなる主たる原因は、お金が回らなくなるからですよね?

で、そのお金を回すためには、『事業で得た売上ー人件費を含めた支出=純利益』が一番重要であることは中学生でも理解できると思うんですけど、僕にはこの『営業利益(純利益)が会社の儲け』という概念がありません。

だってそこから従業員の社会保険料や厚生年金保険料、そして後払いとなる消費税や法人税とあらゆるお金が搾取されるので。

上記は法人経営の場合ですが、個人事業主も年に1度、1年間の事業の収支を計算する確定申告によって所得税を収めることになる。

そう考えると、会社や手元に残る金額=営業利益(純利益)ではないんですよね。

それなら最初から『株式会社 ぼったくり日本国』が商品の仕入先と考えたり、税理士や弁護士みたいな報酬の支払い先と考えるべきだと思うんです。

なのに、世の中的には売上(年商)や営業利益を重要視する。

でも僕は、ぼったくり日本国に支払いを終えた後の口座残高の推移が最重要だと思っています。

まあそこが伸びていれば、お金が回らなくなるなんてことはないので。

ちなみに先日、“とにかく真面目な顧問税理士”岩本さんが決算について細かく報告してくれている最中にこの考え方を伝えたら、一瞬ポカンとした後「社長のおっしゃる通りだと思います」って言っていたので、あながち間違ってはいないと思うんですけどね笑

 

f:id:gi-communications:20181212194421j:plain

この方ですね、岩本さん。

岩本さんはとにかく真面目な方なので、赤井英和さんのように褒めてあげてほしい気分です。

↑いや、もうほんとしつこい…


とまあここまで読んでくれる方がどれだけいらっしゃるのかはわかりませんが、うちの人材サービスをご利用いただいている登録女性は20代~30代が中心ですし、スタッフにも起業を志している人間がいるというのもあり、誰か一人にでも『そういう考え方もあるんだ』と思ってもらえるような内容を書こうと思ったんですけど…

結局、赤井英和さんが一番印象に残るという笑

とにもかくにも、今年は今日を含めてあと20日。
(あと数時間で19日だけど)

皆さんもお忙しい時期だと思いますが、ひとつでもやり残したことを少なくできるようにお過ごしください。

Only 30 days left this year. 急遽思い立った登録者へ向けたキャンペーンのご案内

師走に突入!

ということで、まずはこの週末に弊社人材サービス(コンパニオン派遣・キャスト派遣)をご利用いただいたお客様ならびにお取引先およびご登録者の皆様、ありがとうございました!

延べ150名の登録者の方に稼働していただいたとのことで感謝いたします。

12月の人材サービスに関するお知らせは、この記事の途中に書こうと思うので、それだけを知りたい方は下記からワープしてください笑

設立7周年記念キャンペーン 第2弾のご案内

改めて“何に価値を置くのかは人それぞれ”だと感じたからこそ

さて、平成最後の年越しまで残すところ今日を含めてあと30日となりました。

そんな中、どうしても触れさせてもらいたい日本のプロ野球ファン(特に広島東洋カープと読売ジャイアンツファン)以外には興味がないであろうこの話題。

丸が巨人入り表明「環境を変えて一から勝負したい」
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811300000200.html

ここ2年間、リーグで一番活躍したと表彰されたカープの選手が、取得した権利を行使してジャイアンツへの移籍を決意したという内容なのですが、

なんなんでしょうね、一選手が権利を行使しただけに過ぎないのに、このモヤッとした気持ちは…

確かにカープが提示した条件は他球団から提示された条件に遠く及ばないですし、千葉出身の選手なので生まれ育った地域に近い環境で仕事に専念したいのも理解できますし、チームの中心としてリーグ3連覇に導いてくれたことに一ファンとして言い尽くせないほど感謝しているんですけど、

なんなんでしょうね…
(2回目笑)

全然スケールが違う話になっちゃうんですけど、僕はこの会社の設立1年前から『利だけを追求せず10年存続させる』と決めて今に至るという経緯があるので、例え今の10倍の役員報酬を提示されたとしても途中で鞍替えするという行動は取らないつもりで生きていますが、それは独り身だからできることであって、家庭を持っていたりするとやっぱり違うのかな…

なんてことを考えさせられました。
(ちなみに100倍だったら…少し考えます笑)

それと何に価値を置くかは人それぞれ=優秀な人材を留めておくには資本の大きさや人事評価が物を言うんだなぁということにも改めて気付かされましたね。

というわけで、12月は弊社人材サービスにご登録いただいている登録者の皆様に向けたキャンペーンを実施したいと思います。

丸選手が移籍するからという理由だけではないのですが笑

設立7周年記念キャンペーン 第2弾のご案内

今年の10月に『設立7周年記念キャンペーン』を実施したばかりではありますが、12月は1年で一番ご依頼が多くなる時期となりますので、登録コンパニオン・登録キャストの皆様へ向けたキャンペーンを実施しようと思います。

ただ、相変わらず僕の独断で急遽決定したことなので、配信メールや各専用サイトでのご案内は明日(12月3日)以降となることをご了承ください。

登録コンパニオン・登録キャストの皆様へ向けたキャンペーン概要
〈実施期間〉
平成30年12月1日(土)~平成30年12月29日(土)

〈キャンペーン概要〉
キャンペーン実施期間中【10回以上ご勤務いただいた方に、もれなく5000ポイントを付与】いたします。
※合同企画のため、アナザーキャスト・ケーアジャスト・飲み女子セレクションを合算した出勤回数となります。
※実施期間中もキャスト派遣サービスの『当週水曜日までに金曜日のシフトを確定させ勤務した場合のポイント付与』は実施いたします。
※キャッシュバック申請をされる場合は、1ポイント=1円計算となります(コンパニオン派遣サービスを中心にご利用の方は、報酬として支給します)。

ほかに、今年も『人材サービスをご利用の登録者の中から、1年間で最も貢献度の高かった上位9名を選出し10000ポイントを贈呈』という毎年恒例となりつつある企画を実施しようと思うのですが(発表は1月です)、それとは別に、

キャンペーン実施期間中のコンパニオン派遣サービスにおいて【最多延長時間を獲得したチーフコンパニオンに、10,000円の特別報酬を支給】したいと思います。


最後に。

この会社が8回目の冬を迎えられたのも、スタッフ連中に限らずその時々でご利用いただいた多くの登録者の皆様がいてくたからこそ。

これからも皆さんに『使ってやろう』『留まってやろう』と思ってもらえるような運営をしていこうと思いますので、12月も弊社の各サービスをよろしくお願いいたします!

 

f:id:gi-communications:20181202170958j:plain


本当は『使ってやりたい』『留まってやりたい』と思われるのが理想なんですけどね笑

Only 40 days left this year. 嫌なことだらけでもこう考えればある程度は乗り切れる

すっかり更新が滞っておりましたが、無事に生きてます。

というのも、今年は個人的に『ツイてないなぁ』と感じることが多かったので、気分的に誰かに『読んでよかった』と思ってもらえるような内容を書ける気がしないというのが正直なところでして。

ただ、それと同時に最近『物事は考え方次第なんじゃないかなぁ』とも思えるようになってきていて。

例えば些細なことだと、

「糸くずフィルターが詰まっている」と表示された洗濯機の右下から、

f:id:gi-communications:20181122152708j:plain

予想以上の水が溢れ出て洗面所が水浸しになったら、『綺麗にするきっかけになったからまっいっか。出勤前だけど…』と考えたり、

iPhoneを落として画面がバキバキに割れてしまったら、『保護フィルムを貼るきっかけになるからまっいっか。旅先だけど…』と考えたり、

カープの34年ぶりの日本一決定の瞬間を拝むため福岡→広島に遠征した結果、ソフトバンクホークスの日本一の瞬間を観る羽目になってしまったら、『誕プレ名目で同行させた辻崎(うちの役員)のプレゼントを選ばなくて済んだからまっいっか。奴分だけでぼちぼち使ってるけど…』と考えたり。

f:id:gi-communications:20181122153216j:plain

この人ですね。
(エンジョイしてました笑)

今年はほかにも色々あったんですけど、冷静に考えれば病気や怪我もせずさらに会社の経営状態も順調なわけで、ツキがないと感じることが続いてもそこまで悲観する必要はないのかなと。

それに、時期的に『もう今年も終わるし』とか、なんなら『もう平成も終わるし』という考え方をすれば大抵のことは乗り切れるんじゃないのかなと。

“喉元過ぎれば熱さを忘れる”ってことわざもありますし。

このブログを読んでいる方で、もし同じように『ツキがない』と感じている方がいたとしたら、強引にでも前向きに考える癖付けをしてみることで、ネガティブ方面に引っ張られていくことを回避できるかもしれませんよ。

 

f:id:gi-communications:20181122153910j:plain


自分に言い聞かせている件笑


ところで、今日11月22日は『いい夫婦の日』らしいのでそこら辺にも触れたいと思うのですが、まずは先週公開されたこんな記事。

未婚20~30代の4割は「結婚意向なし」 「独身が楽」「自分の時間を大切にしたい」など、あえての選択
http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1811/16/news084.html

これを見る限り、結婚に対してポジティブなイメージを抱く人が減っているんですかねぇ。

僕も結婚したことはないですけど、街で仲良さげな老夫婦を目にすると微笑ましくなりますけどね。

それに、別の質問の回答でここまで将来に対する不安を感じている人が多いなら、不安な者同士が手を取り合うって選択肢もありだと思うんですけどね。

結婚したことがないおまえが言うな感満載ですが笑


最後に、自社で運営する各サービスの件。

まずは、 前月の会社設立7周年を記念するキャンペーン期間中に各サービスをご利用いただいた皆様、ありがとうございました。

全サービス合計で、303,800円(キャンペーン以外の付与ポイントを含めると463,100円)をご利用いただいた方に還元することができました。

各人材サービスの11月は例年閑散期となりますが、12月に入ると繁忙期となりますので、より多くのマッチングが成立するよう対策を講じたいと思います。

また、今年7月に発足したストーカー被害対策サービス【ハートガード】ですが、サイトを完全リニューアルしました。

ハートガードウェブサイト
PC版:http://www.heartguard.jp/
スマホ版:https://www.heartguard.jp/sp/index.html

お綺麗な方が[ストーカー被害者の声]というページで体験談を語ってくださったので、そこら辺もチェックしていただけたらと思います。

というわけで、今年というか平成最後の年越しまで、残すところ今日を含めてあと40日

もうこの際、残り30日、残り20日、残り10日、残り1日のタイミングで更新するという変則カウントダウン形式でも取り入れていこうと思うので、引き続き当ブログをよろしくお願いいたしまーす。