読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

1が3つ続く日だから今日が僕にとっての新年。とりあえず感謝を形で表します

旧年中は格別のお引き立てを賜り心より御礼申し上げます。

また、当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました!

本年も皆様のお役に立てるよう役員・スタッフ一同努力してまいりますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

っていうか、明けましたね!

本当は年が明けてからもう少し早いタイミングで更新しようと思っていたのですが、『1月1日は1が2つ続くけど1月11日は1が3つ続くからそっちのほうがめでたくない?』という“独自の理由付け”で、僕にとっての今年の新年は今日(1月11日)にしたいと思います。

というわけで…

I wish you a happy new year!

いやーめでたい。

もうそろそろ神社に行っておみくじ引かないと…

↑ 結局、日本の習慣を刷り込まれている人笑


さて、早速ですが新年早々こんな見出し。

経営している会社の社名がどことなくおかしいのはなぜ?

突然ですが僕が現在経営しているこの会社は、『株式会社 義コミュニケーションズ』という社名です。

ちなみに、“義”という文字は「ギ」と読むのですが、これは『役員の名前に義という文字が含まれている…』とか、『牛若丸こと源義経やソフトバンクグループ創業者の孫正義さんに憧れて…』とかではありません。
(タモリさんこと森田一義さんには少し憧れるけど笑)

本来この会社は、僕自身が『神輿の上に乗ってもらおう』と思っていた人物にいずれ経営を引き継ぐという計画の元で設立させた→その人物が神輿の上に乗ることを拒んだ→僕が覚悟を決め“10年存続”という目標を掲げ続ける→現在設立6年目。

という流れなので、“いずれ神輿の上に乗ってもらおうと思っていた人物”の好きな戦国武将である上杉謙信が“義に生きた男”だった。 との理由で『義』という文字と、

“会社とは人である”ことを見失わないよう、伝達、通信、交信といった意味を持つ『communication』という文字を、

NTTコミュニケーションズ風に融合させてみたらこうなった(オイ笑)という、僕が考えた社名です。

なので、愛着があるかって言ったら、『ん~そうでもないかな』っていうのが本音なんですけどね笑

(たまにヤ〇ザ屋さん絡みのフロント企業?なんて勘繰られることもありますし汗)

僕が私利私欲を満たすためにこの会社を経営できない理由

僕が社名に対して愛着があろうがなかろうが、その文字を刻んでしまった以上、経営者として責任が生じる。

そんなことは誰に教わったわけでもないけど、それはこの会社の設立前から経営経験がある僕の持論でもあるような気がする。

ということで、遡ること5年以上前から『義』という文字について何回も調べましたよね。

「義」とは、打算や損得のない人間としての正しい道、すなわち正義を指すものであり、「義」から派生した言葉に大義・道義・節義・忠義・仁義・信義・恩義・律義、更には義理・義務・義憤・義侠・義士・義民・義挙などがある。

武士はこの「義」を武士道精神の中心に据え、これを踏み外した者は卑怯者として糾弾の対象となった。


自分で社名に含めたとはいえ、幾度も『なんじゃこりゃ…』と笑

“設立年数ごとの倒産または解散、吸収合併される確率”=設立10年以内:93.7%
(設立前年の2010年発表)

というわずか6.3%の確率なのに、『打算や損得のない人間としての正しい道かよ~』って。

「石の上にも三年」ということわざがあるけど、その3倍以上の10年間ですし汗

本来は、“打算や損得を中心に考え、数字や利益のみを追及するゲーム”も得意だと思っているんですけど、社名に刻んでしまった文字が逆という笑

まあでも自分で決めたことですからね。

そう考えると、“予想以上に儲けが出た時には頑張ってくれた人に還元する”。

正解なのかはわかりませんが、それが『打算や損得のない義の道』のような気がしません?

というわけで、お年玉代わりだ持ってけバカヤロー

↑今年も見出しで遊びます笑

まずは、前月の最繁忙期を少数精鋭で乗り切り、過去最高の月次売上高を更新した現場スタッフには大入り手当(特別報酬)の支給が決定。

そして、人材サービス部門にご登録いただいているご登録者へ向けてですが、毎年キャスト派遣サービス【アナザーキャスト】でおこなっていたベストナインキャストという、

“1年間で最も貢献度の高かった登録キャスト上位9名を選出する”

という企画をキャスト派遣サービス【ケーアジャスト】とコンパニオン派遣サービス【飲み女子セレクション】を加えた合同企画としておこなおうと思います。

事前告知のない“謝恩企画”ということで、選出された9名に5,000円を贈呈(ポイントとして付与)というかたちではありますが。

(12月はキャンペーンもあって100万円弱分のポイントを付与したので、今回大した金額ではないけど)

発表は、当ブログにて今月20日頃の予定です。

ほかに、コンパニオン派遣サービスをご利用いただいたお客様やキャスト派遣サービスのご契約店舗に向けても何かしらのかたちで還元したいのですが、そこはまず自分が経営・運営する会社やサービスの看板を背負って仕事をしてくれた“大切な自国の民”を優先させていただきます。

本来は年明け最初のブログなので今年の目標的なこととか新たに始めるサービスなどにも触れたかったのですが、僕にとっての今年の新年である今日を迎えられたのは皆様のおかげということで、感謝の形を表そうとしたらこんな内容になっちゃった…

ということで、次回も当ブログのコンセプトから大きく逸れると思いますが、本年も弊社と当ブログをよろしくお願いいたします!