読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

自由に生きるには、最低限“自分にとって一人分以上の価値の奴✕二人の存在”が必要

突然ですが、皆さんが思い描く“自由に生きる人生”ってどのようなものでしょうか?

僕がイメージする『自由』は、『思想や表現を抑え込まれない精神的自由』や『実生活で我慢や不便のない経済的自由』、『監視や拘束されていない時間的自由』がある人生だったりするんですけど、今から4カ月前の僕はこのブログのコンセプトを『あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法』にしようと思ったようで…

その時点で『このブログが自由に書けないじゃん』と笑

こういった不自由もあるので、“自由に生きる”というのは本当に難しいことだと思っています。

でも、精神的・経済的・時間的以上の自由って“これ”なんだと確信している

人によって自由の定義が違うのは承知のうえではあるけど、僕が思う精神的・経済的・時間的以上の自由というのは、

『環境的自由』

まあ今のところ多分、こんな言葉は存在しないんですけど笑

この“環境的自由”というのは、『自分の生き方をサポートしてもらえる』ような状況で、例えば、

夢を追ったり目標を叶えたい子供の親が、学費やレッスン費用、時に夢を追う期間の生活費まで捻出してくれたり、

売れていない役者さんやミュージシャン、芸人さんなどの彼女(彼氏)や奥さん(旦那さん)が、精神面や収入面を支えてくれていたり、

まだ何者でもない若者に可能性を見出した後援者や支援者が、リスクを背負って融資や出資をしてくれたり、

要は、『こう生きたい』という環境を与えてくれたり、自らを顧みずサポートしてくれる人がもたらしてくれる自由。

よく考えると経済的・時間的自由に近いけど、自分で金や時間を手に入れるには時間を要するし、『これは親(恋人や出資者など)が作ってくれた環境だ』という感情によって生まれる力は湧かないわけで、そう考えるとやっぱり環境的自由というのが“最上の自由”なのではないかな…と僕は思っています。

そりゃあそんな人が二人いたら強いでしょ。※但し、自分にとって一人分以上の価値の奴に限る。

今回のブログのタイトルは『自由に生きるには、最低限“自分にとって一人分以上の価値の奴✕二人の存在”が必要』なんですけど、この中で重要なのは“一人分以上の価値”という箇所と“二人の存在”という箇所だったりします。

まず、“一人分以上の価値”

まあ普通に考えれば“人間一人で一人分”だと思うんですけど、もしその一人の人が自分の人生でいっぱいいっぱいなら自分のその人に対する感情が一人分だとしてもその人が自分の“環境的自由”をもたらしてくれる一人分にはならないわけで、その人に経済的・時間的余裕があるかもしくは自己犠牲を張る覚悟がないと、ここで言う“一人分以上の価値”とはならないんですよね。

その人が自分の人生と同じように考えてくれて、損得考えずにある意味“自分に賭けてくれる”くらいじゃないと。

次に、“二人の存在”

そんなふうに思ってくれる人が二人いるわけですからね。

簡単ではないように思えますけど、

希望の学校に入学したい子供に対して=パパが稼いだ金を湯水の如く教育費に注いでくれるママと報酬関係なく合格させることに執念を燃やす家庭教師。

でしたり、

大手企業を脱サラして起業する人に対して=資本金の半分を出してくれる父親と退社してまで上司についていく部下。

でしたり、

ヒモとして暮らしていきたい人に対して=家に住ませてくれる女の人とお小遣いをくれるまた別の女の人。

といったように、このような方々はこの国にもたくさんいらっしゃると思うので。
(まあ3つ目少しおかしいですけどね笑)

あとはやり方次第で環境的自由が手に入る!?次はそいつらのために経済的・時間的自由を手に入れろ

さて、とは言っても『いや、そんな自由をもたらしてくれる奴、周りにいないから…』と感じている方もいると思うんですけど、もしそういう人が必要だとしたら、“自分のことをすごく好きになってもらって結婚する”というのもありだと思います。

あなたが愛情を注ぎ続けることができたら、多分その奥さん(旦那さん)はあなたにとっての“一人分以上の人”になるはずなので笑

ちなみに、僕には援助してくれる親族や融資・出資をしてくれる後援者・支援者はいませんでしたが(端から頼る気ないけど笑)、無借金のまま通算13年以上経営者でいられたのは、その時々で“自分にとって一人分以上の価値の人間”が側にいてくれたからだと思いますし、この会社を設立させてからはその頃からいる2名に『環境的自由』ってやつを与えてもらっていると思っています。

内容的には、『自分の損得を考えず組織のため(時に僕個人のため)に動いてくれる気持ちや姿勢、機動力』って部分が大きいんですけど、この二人がいてくれるからこそ毎日出社したりその他のスタッフや登録者と接する機会が少なくて済む。

これはもう紛れもない事実なので。

なので、例え『利だけを追わない』と決めた会社だとしても、そいつらの給料や休みを増やしてあげたいな…

じゃなく、『増やしてやる』と思い、僕は休みなく組織のことを考え続ける。

それが、“最上の自由”を手にする奴の責任のような気がします。
(果たして自由なの?という疑問笑)

というわけで、今日はその中の一人である小石という部下の誕生日もあるので、気前よく何かくれてやりましょうかね笑

f:id:gi-communications:20170220130036j:plain

最後に、“環境的自由が手に入るやり方”なんですけど、これは“賭けてくれる連中”の気質や能力によって様々なので、一概には言えなかったりするんですよね。

ただ、もし自分に賭けてくれる人がいるなら、その人を裏切らないとか絶対に守るという気持ちや最低限の感謝やいたわりがなきゃ、その自由や幸福は長く続かず崩壊する

これは自信を持って言えることのような気がします。
(身をもって経験済み笑)

っていうか…

こんな『心優しき少年・少女』でも理解できそうなことを、改めて長々と書く必要ってあるの?笑