読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

世間で言う“大人”になる必要ってある?迷惑かけなきゃ子供のままでいい

リアルタイムでこのブログをお読みの方は、このゴールデンウィーク期間、いかがお過ごしでしょうか?

僕も会社も年末年始以外は連休を設けてないんですけど、気分だけでもゴールデンウィークを味わいたいなと思い、今年初めて球場に足を運んだり久々に実家に顔出したりしてみました。

 

f:id:gi-communications:20170505181807j:plain

 

f:id:gi-communications:20170505181845j:plain

ただ、レジャー産業に属しているわけではないので、売上が下がるゴールデンウィークは僕にとって決して喜ばしい期間ではないんですけどね…

自分としては全然“ゴールデン”じゃないので、むしろウイークウィーク(Weak Week)と表したい期間。

童謡?のグリーングリーン的になってるけど。 ←

 

いきなりですが、大人の定義ってなんでしょうか?

さて、今日は5月5日ということで、こどもの日であり、鯉(carp)を名に刻む広島東洋カープの日でもあるんですけど、

f:id:gi-communications:20170505181938j:plain
(もうええ笑)

せっかくなので、子供と大人について考えてみようかなと。

ただ、大人の定義と言っても、身体的に、精神的に、法律的に、社会的に、経済的に…と様々な角度があって、ひとつひとつ掘り下げたとしても誰にも最後まで読んでもらえないと思うので、大半は端折ってサラッと笑

まず、ごく一般的な大人のイメージはこんな感じなのかなぁというのを僕なりに短く表現すると、

“行動、言動、態度が成熟している自立した考え方や生活を送れる成人”

なんですけど、もうこの時点で趣味に散財している人や口が悪い人、親のすねをかじっている人やもっと言っちゃえば生活保護を受けている人までもが“大人じゃない人”=子供になってしまうので、それもどうなんだろうと思うんですよね。

“金遣いが荒い大人”や“言葉遣いが悪い大人”、“生活力がない大人”って表現なら解かるんですけど。

それに、大人になるにつれて、「常識や責任を持てるのが大人」とか「自分の家庭を持つことが大人」とか、中には「わがままを言わないことが大人」などといった見解を見聞きすることが増えたんですけど、もうそこまでいくと『いやいや、あんたが誰か(何か)に刷り込まれているだけやん…』と。

そもそも、“行動、言動、態度が成熟している自立した考え方や生活を送れる成人”って…無茶苦茶つまらなそうな人間ですけどね笑

 

その他大勢のつまらない大人になるなら、面白い子供のままでいい

以前にも書きましたが、正規・終身雇用や年功序列といった長期雇用慣行だったり、新卒で就職→適齢期に結婚・子育てだったり、一意専心的なひとつの分野に専念する働き方だったり、これらすべては戦後の教育と高度経済成長期がもたらした“この国限定のわずか数十年間の理想像”でしかありません。

そして、都市部への人口移動や格差の広がり、それによる非婚化や少子化、さらに高齢化による労働力人口の減少や社会保障の財源不足といった様々な問題を抱えるこの国では、現実的に考えてこの先↑のような生き方をすべて叶えられる人は一握りの人に限定されると思います。

まあその一握りになれたとしても、本人がつまらない人間・人生だと思っていたなら、それは勝ち組でも恵まれた人でもなく、誰か(何か)の価値観を刷り込まれているだけの“ただのつまらない人”なんですけどね笑

というわけで、もしこれを読んでいて自分以外の価値観に縛られ“つまらない人生”を送っている方がいるなら、今一度自分の心に問い掛けてみてください。


『大人に見られるために生きているのですか?』


僕はこれからも他人が作り上げた常識に捉われずに生きていきたいと思います。

それでは、5月も当ブログをよろしくお願いいたします!