Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

インターネットを使って搾取する側に回るのか搾取される側に回るのか

最新記事のサムネイル画像(前回のブログの写真)が視覚的にキツかったので、お詫び的な意味で3日前の生ストロベリームーン。

 

f:id:gi-communications:20170612161515j:plain

普段より赤く見える6月の満月を『ストロベリームーン』と呼ぶらしいのですが、ちーっとも赤く見えませんでした、はい。

っていうか、こんなふうに見えると思ってたのに…

 

f:id:gi-communications:20170612161550j:plain

(んなわけないか)


さて、日本全国ほぼほぼ梅雨入りしましたが、世界的に見るとテロが多発していたり、キムさんが飛翔体を発射しまくっていたり、もっとスケールが小さいことで言えば山本裕典君や田中聖君、小出恵介君らといったイケメン君達が続々とやらかしちゃったり…

なんか色々とジメーっとしていますよね。

小出恵介君に関しては、昨年末の成宮寛貴君同様、“非はあるもののハメられた”感はあるけど。

あ、ハメてもいたのか。←

ちなみに、このブログは『ニュースやトレンドは追わない』という方向性なので、本来ここら辺はスルーしたいんですけどね。

一応、

『誰に』=この会社が面白いことをやり続けて日の目を見る機会がやがて訪れた際、その時に知ってくれる方々に向けて

『何を』=あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法

という、意味不明なコンセプトですし笑

でも、いちいち気になっちゃいますよね。

これだけ情報が溢れている時代だから。

 

みんなインターネットの使い方なんて誰にも教わってない

僕は普段電車には乗らないんですけど、たまーに乗ると『ほとんどの奴がスマホ見てるなぁ…』と思いますし、最近は飲食店にいてもどこぞのカップルがそれぞれ自分のスマホを眺めているなんて光景を目にすることが増えたような気がします。

メールやLINEをしていたりSNSを除いていたり、何かを検索していたりニュース記事やゲームアプリを開いていたり。

当然皆さん用途は違うと思いますが、インターネットに接続した状態で端末をいじっている方の割合も多いと思います。

情報の双方向性や即時性といった特性を持っているインターネットって、ほんと便利ですもんね。

かくいう自分も自宅で仕事をする際はテレビ画面をPCモニターとして使っているんですけど、こんな感じになっていますし笑

 

f:id:gi-communications:20170612162004j:plain

確実に言えることは、人によって頻度は違えど『人間がインターネットに依存している時間は増えている』ということ。

よく頭の良い人達が「一般にインターネットって便利だって考えが浸透したのはスマホが普及してから」とおっしゃっていますが、確かにまだフューチャーフォン(ガラケー)が主流の頃は、こんなに皆さん手元ばかり見つめていなかったですもんね。

ただ、冷静に考えると…

それだけ依存性の高いインターネットなのに、効率の良い使い方や情報モラルといったようなネットリテラシーとでも言うんですかね…そういったことは誰からも教わっていない

匿名性が高く、自由度があり過ぎる世界ですからね。

なので当然、インターネットを効率よく使って“利を得る人”がいる一方、情報弱者であることでインターネットに“搾取される人”が存在してしまう。

搾取される内容はパッと思い付くだけでも、ワンクリックや架空請求といったネット詐欺、インターネットバンキングにおける不正送金、誇大広告や嘘情報を真に受けて悪質なサイトに登録したり商材を購入したり、転売屋に高額商品を買わされるなんてことも。

ほかにも嘘求人情報や副業詐欺、ソーシャルゲームの高額課金や悪徳出会い系サイトと、挙げていけばきりがない。

本当はその事柄をもっとしっかり調べれば、“搾取される側”に回ることなんてないんですけどね。

それに、ネット上での中傷や荒らし・晒し・叩きなどの行為は、一体誰になんの得があるのか…

ただでさえ人間にとって有限である時間をインターネットで消費しているんです。

さらに“搾取される側”に回るなんて…

 

f:id:gi-communications:20170612163057p:plain

 

企業にとって広告効果は必要だけど閲覧者にとっては無用の長物

もう最近じゃあ自宅PCやiPhoneで何かを検索している時に検索連動型広告が表示されることにも慣れてきましたし、経営者としてサービスによってはインターネット上に広告を打つこともあるんですけど、YouTubeの強制的に見させられる動画広告だけは“時間を搾取される感”が凄くあったので、↓のアドオンを使って非表示にしています。

https://matome.naver.jp/odai/2136599197255102101
※無料。PCのみ。

今後はあらゆるインターネット上のコンテンツで『広告を非表示にできる有料プラン』という収益モデルができあがると思うんですけど、それって『本心では企業広告なんてほとんどの人は見たくない』という心理をコンテンツ運営者側が理解しているから成立するのであって。

ただ、今も僕らが運営するサービスのひとつ、↓のプロモーション動画を制作しているんですけど、ウェブ広告の作り手側としてはせっかく作ったものを見てもらえなくなるのは寂しい。

コンパニオン派遣サービス【飲み女子セレクション】
http://www.nomihosu.com/index.html

そんな、♪揺れる想い~体じゅう感じて~

※プロモ動画は8月頃に公開予定です。

 

結局インターネットを使って利を得ているのか?

後半尻つぼみするいつものパターンですが、今回もこのブログを書くのに一応時間を費やしています。

さっきも書きましたが、僕も有限である時間をインターネットで消費しているんです。

 

f:id:gi-communications:20170612163537p:plain

(画像との関連性なし)

そして、自分の会社でインターネットを駆使したり、このブログを書くことによって何か利を得ているのか?

ということを書こうと思ったのですが、もう途中途中でふざけだしたのを自覚したのでまたの機会に書こうと思います笑

このブログを読んでくださっている皆さんも“搾取される側”に回らないようご注意を!

早く前回のブログの写真がサムネイル画像として表示されなくなるよう、更新頑張りまーす笑