Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

年齢が増すごとに時間は速く流れる。それが人間

さて、気付けば9月も中盤となり、1年の4分の3を消化しつつありますね。

何年か前に『歳を重ねていくにつれ時間が経つのが早く感じるのは何でだろう・・・』と思って調べてみたんですけど、これは“ジャネーの法則”と言われる『主観的に記憶される年月の長さは、年少者にはより長く、年長者にはより短く感じられる』という現象らしいです。

そして、この理論に基づき人生を80年として算出すると、“体感では19歳で人生の半分が終わる”とのこと。

ちなみに僕はこれを知ってから、『いかに睡眠時間を削るか』を意識して生きています。
(健康度外視笑)

えー、そんな私めですが、先日誕生日を迎えたんですけど、この自分の誕生日ってやつも年齢が上がっていくにつれ、どうでもよく感じるようになりませんか?

当然、プレゼントを貰ったりお祝いメッセージが届くと嬉しいっちゃ嬉しいんですけど、自分としては年齢が1つ上がると劣化していくような感覚もあり、ここ数年はあまり喜ばしい日ではなくなりました。

ただ、その一方で、自分が大切だと感じている趣味や仕事(というか会社)に対する情熱?的な感情は失われておらず、つい先日もリーグ連覇目前のカープの試合を観に広島まで遠征してみたり、

 

f:id:gi-communications:20170914135715p:plain

(ズムスタ名物席のひとつ、寝ソベリア)

また、今月6周年を迎える役員会の会場として、↓を予約してみたり、

 

f:id:gi-communications:20170914135759j:plain

(某温泉施設の特別室。3名利用で7万円超え)

と、体感だと短く感じるようになってきた時間をより充実させられるよう、日々模索し続けているような気がします。

 

時間が速く流れる原因は、毎日同じことを繰り返しているからさ

↑文末に『さ』を付けるとキザなキャラになる件笑

先程書いた“ジャネーの法則”は、

1歳の赤ちゃんの1年間という時間の長さ=年齢と比較すると1/1で100%

50歳のおっちゃん(おばちゃん)の1年間という時間の長さ=年齢と比較すると1/50で2%

だから、おっちゃん(おばちゃん)は1年間時間が経過しても人生が2%しか増加しないので、体感的に1年間が短く感じる。

このような理論で、50歳の方の1年間は1歳の約7日分と言われています。
(赤ちゃんの1週間分ってなんか面白いけど笑)

こう感じる原因ですが、子供の頃は知らないことが多く、毎日新たな発見をしたり経験を積むのに対し、大人になると現実の厳しさを含めあらゆる物事を知っていき、新たな発見・経験どころか毎日が想定範囲内で単調になるから。

『同じ50歳でも人によって時間の感じ方は違う』という意見もあると思うんですけど、目に耳に口にするものすべてを新鮮に感じる赤ちゃんと比べると、50歳の方の1年間という時間は比べものにならないくらい新鮮さがなくなる。

これが現実なわけです。

つまり、マンネリ化というやつが引き起こされるということですね。

そりゃあ…

自分の誕生日を喜ばしいと感じなくなるさ笑

↑文末に『さ』(ry

※(ryとは『以下略』を意味したネット用語(死語)です。

 

体感時間を遅くしたいなら、今あるマンネリをブチ壊せばいい

この記事を読んでくださっている方全体で考えても、皆さん今現在置かれている状況は様々だと思うので、『速く時が過ぎ去ればいい』と感じながら日々を送っている方もいらっしゃると思います。

特に、死別を含め大切な人と別れることになった直後や頑張ったことが報われなかったという失意を抱えていたりすると、とにかく時間が経過するのが遅く感じると思うので、ここからは『1年はあっという間だ…』と感じている方だけに読み進めてもらいたいのですが…

もし、あなたが時間が速く経つと感じることに抵抗したいのであれば、今までに経験したことがない未来を描き、そこに向けて行動する

これをお勧めします。

それも、そこそこの速さの時間に抗うのだから、今すぐに。

例えば、生きるためだけに雇われている方なら、経営者になる未来を描き、好きだったり得意な分野で週末起業をしてみるとか、

仕事や家事に追われている方なら、プライベートが充実する未来を描き、週に半日は趣味や興味のあることに情熱・お金を惜しみなく注いでみるとか、

恋愛から遠ざかっている独身・恋人なしの方は、家庭を持つ未来を描き、出会い系アプリや婚活サイトに登録しまくるのもありかもしれませんよね。

とにかく重要なのは、未経験だからと躊躇しないで今まで自分が起こさないであろう行動を起こすこと。

そうすれば自ずと新たな発見や経験に驚かされたり、想定範囲外の出来事が起こる=時間が経つのが遅く感じるというわけです。

まあどうやったとしても、まっさらな赤ちゃんには到底及ばないんですけど笑

ただ、毎年この時期辺りから『1年はあっという間だ…』と感じている方がいるなら、少し参考にしてもらえると嬉しいです。

というわけで、最後までお読みいただきありがとうございました。

広島東洋カープの33年ぶりの日本一という未来を描いて、このブログを締めようと思います笑

9月後半もよろしくお願いしまーす。