Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

本日設立6周年!!というわけで感謝と自分の引き際にまつわる話

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日9月22日に無事、設立6周年を迎えることができました。

 

f:id:gi-communications:20170922154816p:plain

皆様の応援、支えがあって7年目をスタートできたことに心から感謝しております。

今日は、私が長年心に思い、この6周年という節目の年に決意したことを書きたいと思います。

「わたくし小池祐己は、2021年9月22日をもって株式会社 義【ギ】コミュニケーションズの代表取締役社長を辞任することを決意いたしましたので、この場を借りて関係者の皆様にご報告させていただきます。」

退任までのあと4年、既存サービスご利用の皆様の満足度向上や新規事業・コンテンツ開発、最後にできる限りのことを精一杯し、有意義な4年にしていきたいと思ってます。

そして、私らしく2021年9月22日を迎えたいと思います。

皆様、代表取締役としての最後の4年を、どうぞよろしくお願いいたします。


えー、安室奈美恵さん、

最後の1年間、頑張って走り切ってください。

そして…

コメントの大部分をお借りしてごめんなさい。


あ、それと広島東洋カープ球団の関係者の皆様、

37年ぶりのリーグ連覇おめでとうございまーす!

 

f:id:gi-communications:20170922154942p:plain

 

80歳以上の7割が後悔していることは?僕の後悔しないための指針

安室さんの足元にも及ばない命の重さであると自覚している僕ですが、そんな僕でも後悔しながら余生を過ごしたくないという考えを持って生きていたりします。

80歳以上の方を対象とした『人生で最も後悔していることは?』というアンケート調査では、70%の方が「チャレンジしなかったこと 」と答えているなんて情報もありますし。

死ぬ間際に、『もっと頑張ればよかった…』と思いたくないので。

そう考えると、設立前からの目標のひとつである“10年存続”というのは、僕にとって“後悔しないための指針”でもあって、その6割が消化されたという今日はとても感慨深い日でして。

少なく見積もっても自分の誕生日の10倍、そしてカープが優勝を決めた日の3分の1くらいの感慨深さです。

自分の誕生日<<<<<<<<<今日<越えられない壁<カープリーグ優勝
(どんな基準なん?)

そんな僕の感慨深さの話はさておき今日という日を迎えられたのも、設立以来一度でも弊社提供サービスをご利用いただいたことのあるすべての皆様のおかげなのは紛れもない事実でして、一人一人の方に直接伝えられないのはもどかしいのですが、皆様には心から感謝したいと思います。

ありがとうございました(ありがとうございます)。

未だに至らない点も多々あるかと存じますが、役員・従業員一同、鋭意努力する所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

じゃああと4年で解散するの?んなこたぁない(と思う)

僕がこの会社を倒産させない限り、任期はあと4年。

これは誰に決められたことでもなく、数年前から自分で決めていたことです。

理由は諸々あるのでまた機会があれば書きますが、そのひとつは僕自身が『どんな組織も新陳代謝を起こす必要性がある』と思っているから。

それに設立から10年って、きりがいいですし笑

ただ、新陳代謝を図って社長交代後に1~2年で倒産なんてことになると、それまでの努力が水の泡となり、その時期にご利用いただいている皆さんに迷惑が掛かるので、残りの期間で後継者を見定めるのも僕の務めなんですけど…

今のところ後継者候補は、


該当者なし笑

しかしながら、候補者がいないということは、辻崎や小石といった古参連中に就任を要請するだとか、若いスタッフ連中の誰かを急成長させ抜擢するだとか、経験がある外部の方を招聘するなどといったあらゆる可能性があるわけで、自分としてもまだ確定せぬ“2代目”が頭角を現すのを楽しみに待ちたいと思います。

こんなこと書いて…

4年間乗り切れなきゃウケるなぁ笑
(ピンチは何度か訪れるでしょうが)

 

後進に道を譲った後はどうするのか。どうしようか

ちなみに誰も興味が沸かないであろう話題として、僕がこの会社の代表取締役を退任した後に何をするのかですが、今のところ何も決まっていません。

本音だと、1~2年ラスベガスにでも行って、投資の勉強でもしながら週に4~5日カジノで遊んで暮らしたいですけど。

↑アホ笑

まあそれも人生舐め過ぎのような気がするので、また何かしらの会社を立ち上げるんだと思います。

それに、この会社の社長交代によってネガティブな結果をもたらす可能性があるなら、社長を退任したとしても役員に留まらざるを得ないってケースも考えられますし。

何にせよ、相当惚れ込みそうな人間にでも出会わない限り、誰かの下で働くことはなさそうです笑

というわけで、設立記念日(と安室さんの引退発表後)というのもあって、自分の引き際だとか会社の将来のビジョンだとか、一体誰が知りたいんだ?という妄想をつらつらと並べてきましたが、今日はやることが多そうな日。

なので、そろそろ強引に締めたいと思います笑

あ、違う。

広島東洋カープの33年ぶりの日本一という未来を描いて、このブログを締めようと思います笑

当期も日進月歩の精神で頑張りますので、7年目のスタートを切った株式会社 義【ギ】コミュニケーションズをよろしくお願いいたします!