Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

死はそんなに遠いところにあるわけじゃない…と感じた訃報

突然のことでしたし退社した人のことなのでここに書くのか迷いましたが、平成26年7月~平成28年5月まで社員として在籍していた“川名さん”という方が、4月5日午前1時58分に病気により永眠しました。

僕が訃報の知らせを受けたのは亡くなった翌日だったのですが、川名さんのご家族の意向により、葬儀は親族のみで執り行うとのことで…

なんか実感が湧かないな…

それでいて、悲しさや寂しさもあるという。


僕と知り合った時は、長年恵比寿でバーを経営していた元甲子園球児の川名さん。

 

f:id:gi-communications:20180728221010p:plain

うちに入ってからは、常に年下である僕を立ててくれて、コンパニオン派遣事業の買収~発足時やオフィス移転の際に尽力してくれた川名さん。

退社してからは元の業界に戻り、再びバーを経営することを目指していた川名さん。

一緒に働いた期間は2年弱だけど、例年おこなわれている納会旅行にも2年連続で参加してくれたし、珍しく僕が自宅に招き入れたことがある。

そんな関係性の人でした。

ちなみに、最後に連絡を取り合ったのは今年の元日だったのですが、その時にはまだ病気と診断されていなかったらしく、こんなやり取りをしていたんですけどね。

f:id:gi-communications:20180412133448p:plain

本人が周囲に病気のことを伝えなかったのもあって、結局会えずじまいだったけど…

それに僕レベルの人間をベスト3内に位置付けちゃう点は、スカウターがぶっ壊れているとしか言えないけど笑

まあ何にしても突然過ぎるわ…


以前ブログで、『次の誕生日までの死亡率』というデータを転載したことがあるんですけど、

次の誕生日までの死亡率
0歳=男性0.21%、女性0.19%
10歳=男性0.008%、女性0.006%
20歳=男性0.04%、女性0.01%
30歳=男性0.06%、女性0.03%
40歳=男性0.1%、女性0.06%
50歳=男性0.27%、女性0.15%
60歳=男性0.7%、女性0.31%
70歳=男性1.78%、女性0.72%
80歳=男性5.01%、女性2.43%
90歳=男性15.26%、女性9.88%
※平成26年 簡易生命表 厚生労働省調べ。

これを見る限り、『人はそう簡単に死なない』ような気がするじゃないですか。

でも僕は、感覚的に“死は身近なところにある”と思っていて。

それは、父親や両祖父母がもうこの世にいなかったり、過去の音楽活動の中でメンバーを事故で失ったり、この会社の設立準備期間以降だけでも2人の後輩が旅立ったりと、比較的に人の死に触れることが多い境遇だったからかもしれないけど。

いや、違う。

多分それは僕だけじゃなく、皆さん歳を重ねていく毎に死別に遭遇する機会が増えるだけで、結局上の確率近くに集約されるんだろうな…

そして歳を重ねていく分だけ、自分が事切れる確率も上がっていく。

悲しいことに、誰一人例外なく。

そう考えると、確実に“人は死に向かって生きている”んですよね。

今回、川名さんとの突然の別れを迎え、改めて『死はそんなに遠いところにあるわけじゃないんだな…』と感じました。


というわけで、今日に至るまで役員の辻崎以外にこのことを伝えていなかったのもあり、共に働いた期間がある小石・持田・H・藤原や辞めていった根本・田波辺りは驚かせてしまったと思うけど、各自で川名さんの冥福を祈るように。

また、川名をご存知のお客様やお取引先および人材サービス部門のご登録者様には、彼への生前のご厚誼に深く感謝申し上げます。


最後に川名さんへ。

2年前に東京ドームのバックネット裏の席をプレゼントしてくれて、とても嬉しかった。
もしあの世というものがあるなら、ONE PIECE最終回までのあらすじ、俺が死んだ後に教えるよ笑
とりあえずゆっくり休んで。
お疲れ様 (`_´)ゞ