Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

考え方次第で結構ムチャなことでも可能になる

先日、正月三が日以来の連休を取って、広島に行ってきました。

一番の目的は当然『Mazda Zoom-Zoom スタジアム』での野球観戦だったのですが、今回はちょっと足を伸ばして市内から車で1.5時間くらい掛かる尾道市という所にも。

いやー、瀬戸内海に浮かぶ島々や情緒あふれる街並みを見て、心が洗われるような気持ちになりましたね。


おしまい。


って、この程度でいいなら毎日でも更新できるんですけどね笑

でも、それだとそのうち“単日アクセス数0”の日が訪れ兼ねないので、今回は久々にこのブログのテーマである『あらゆる刷り込みに影響』なんちゃらに沿って、【無茶を可能にする方法】的な記事をサクッと書こうと思います。

あまり寝ないを可能にする

まずどんな無茶をするにしても、体はひとつだけですからね。

ですが、起きている時間が長い人と寝ている時間が長い人では、見聞を広めたり、経験値を積み上げたり、コミュニティを作ったり、努力によって可動域を増やしたりする時間に、圧倒的な差がつくと思いませんか?

健康に支障をきたさない睡眠時間は6時間30分以上~7時間30分未満という調査結果もあるみたいですし、それ以上睡眠を取らないと起きている時に眠くなるという方も多いと思いますけど、これを見ると多少考え方に変化が起こるかも。

短時間睡眠な方々
レオナルド・ダ・ヴィンチ(享年67歳)=4時間に15分程の睡眠を取り、1日1時間半〜2時間程度
モーツァルト(享年35歳)=深夜1時から6時までの1日5時間
トーマス・エジソン(享年84歳)=1日4~5時間。「睡眠は時間の浪費だ」が口癖だったみたい笑
ムツゴロウこと畑正憲さん(83歳)=1日2~3時間。眠気が訪れないそうです。
ダウンタウンの浜ちゃん1日4時間程度。5時間以上寝ると頭が痛くなるとか。
『ONE PIECE』作者の尾田栄一郎さん=深夜2時から5時までの1日3時間
武井壮さん=1日に45分睡眠を3回取り、計2時間15分
小倉優子さん=仕事と育児で1日5時間睡眠
上戸彩さん=10代から20代中盤までは、1日に3時間眠れる日が月に数回ある程度。
橋本環奈さん=まだ10代なのに1日3時間程度

ちなみに、平均的な睡眠時間だった方が睡眠時間を6時間以下に短縮しても、特に問題となるような影響は出ないという研究結果もあるみたいですよ。

ただ、その一方で『睡眠時間が6時間以下の人は7~8時間の人に比べて死亡率が2.4倍高くなる』なんて調査結果もあるようですけど、それならダ・ヴィンチやエジソン、それにムツゴロウさんって一体…

あまり食べないを可能にする

起きている時間が長いとそれだけ空腹を感じることが増えると思うんですけど、そこで食べちゃうと単純にブクブクと肥えていってしまうじゃないですか。

なので、今は“戦時中の食糧難”だと思い込んで、あまり食べない笑

これはダイエット的な無茶を可能にする方法なんですけど、僕自身が5月1日に『5月だから5キロ痩せようかな…』とふと思ったことをきっかけに、どうすれば結果にコミットするのか考えた上で辿り着いたのは、

“1日にまともなメシを1食食べられれば本望”

“今は戦時中だから贅沢は言えない”

と思い込むことで、徐々に食事の回数が減り、そのうち胃が小さくなって間食のみで過ごせる日すら訪れるという笑

僕は本来食べることが大好きな人間なんですけど、『今はあまり食べられる状況じゃない』という環境にいる人って、どの時代にもどの国にも大勢いると思うので(貧困とかだけではなく病気とかでも)。

その人達と同じって考えれば、空腹の苦痛も多少和らいだりするもんです。

まあ健康度外視ですけど笑

ちなみに、1日3食という食習慣が庶民に広がったのは日本では江戸時代、アメリカでは1900年代と言われており、世界的に1日3食が定着した要因には、発明したトースターを売るため、トーマス・エジソン(またあんたか)と販売業者が 「人は1日2食では不健康である。3食にすべきだ」と朝食必要論を提唱したこともあるみたいですね。

それにしても、尾道で食べた中華そば、美味しかったなぁ… ←

f:id:gi-communications:20180606171413j:plain

あまり休まないを可能にする

これは仕事や学校に限定しているわけではなく、自分で決めたやるべきことに対してなんですけど、人間はそんなに強くないので、嫌々やっていることや誰かにやらされている感があることだと、どうしてもモチベーションをキープし続けることが難しかったりするもんです。

だけど、この方々の発言を見ると、

シアトル・マリナーズ会長付特別補佐イチローさん
昨シーズンオフ週6日のペースで練習「なんで休みたがるかわかりませんね。やらなければいけないから続けているのではなく、自分がやりたいと思うからやっているのです」

派手な装いでテレビでもお馴染みのアパホテル元谷芙美子社長
「骨の髄までお仕事が最優先なので。普通じゃないんですよ。仕事が遊びで、遊びが仕事なんです。だから辛いと思ったことが一度もない。」

美容室『EARTH』を全国展開する株式会社アースホールディングス國分利治代表
「店長になった私は、さらに一所懸命、仕事にのめり込みました。結局、入店して以来10年間、正月以外は1日も休まず働き続けたんですよ。」

美容家でありタレントでもあるIKKOさん
「毎日のウォーキングは日課。1日2回、1回あたり7.5km程でトータル15km程。余程のことがない限り休まない。 」

トーマス・エジソン
「1日8時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。自分は毎日18時間働くことにしている。」
(エジソンはもうええ笑)

皆さん決して簡単じゃないことをやっているはずなのに、嫌々感もやらされている感も一切感じないという。

「好きこそ物の上手なれ」ってことわざがありますが、まさにそれを地で行っているというか。

ということは、好きなことをやるか、やっていることを好きになるというのが、“あまり休まない”を可能にする考え方のような気がします。

あまり人がやっていないことを可能にする

書き終えるまでもう一息。

と思ったのですが、『ここまで集中力を持って読んでくれる人ってどれだけいるのよ…』と考え直したので、今回はここまでにします笑

とりあえず、“あまり人がやっていないこと”=僕達が新たに運営する【ストーカー被害対策サービス】は、7月1日に発足予定です。

というわけで、久々の更新にもかかわらず、最後までお読みいただきありがとうございました。

今回に懲りず、またひと覗きよろしくお願いします!