Gi Communications Corporation ニッチなサービスを展開・多角化し続ける “義【ギ】コミュ” 代表のブログ

一度も就職をせず、ニッチなサービスを展開・多角化し続ける異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

一度も就職をしたことがない異端経営者が、“あらゆる刷り込みに影響されないで自由に生きる方法”という独自の価値観を綴っています。

株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ
http://www.gi-communications.com/

設立8年目に突入。そして趣味は自分を救う

やはり今月22日の設立7周年を迎えた日に更新できなかったのですが、株式会社 義【ギ】コミュニケーションズ、無事8年目に突入しております。

まずは、開業以来順調に業績をあげることができましたのも、ひとえに皆様方のお引き立ての賜物と心より感謝しております。

つきましては設立7周年を記念し、10月に一部運営サービスにおいて、ささやかながらキャンペーンを実施いたします。

キャンペーンの詳細は追ってお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。


さて、ここからは皆さんにとってチラ裏(チラシの裏にでも書いてろ)の内容となりますが…

えー、昨日9月26日、僕が20数年応援し続けている広島東洋カープが、球団史上初となるリーグ3連覇を達成しましたー!

 

f:id:gi-communications:20180927223209j:plain


で、その瞬間に立ち会える可能性があるプラチナチケット持ってるー♪

 

f:id:gi-communications:20180927223335j:plain

ということで、今回は27年ぶりの広島での胴上げがかかっていたというのもあり、約4カ月ぶりの休みを取って行ってきましたよ、広島に。

いやー、盛り上がってましたね、街も球場も。

f:id:gi-communications:20180927223454j:plain

f:id:gi-communications:20180927223524j:plain

ちなみに、2年前にも25年ぶりのリーグ優勝を生で拝めることができたので、今回も信じて疑わなかったのですが、結局…

僕が観戦した3日間で優勝は決まらず、東京に帰ってきた昨日に優勝が決まるという(T-T)


でも、いいんです。

正直心残りではありますが結果3連覇を果たしたんだし、僕は2年前の胴上げを拝めたわけで、その時に立ち会えなかったほかのファンの人に譲ったんだと考えることにします笑

趣味は自分を救うこともあるし、破滅させることもある

僕はこの会社を設立する1~2年ぐらい前に、別の会社を経営しながらパチンコにハマっていた時期がありました。

それも、以前に釘読みの勉強?をしていたこともあって、朝一からボーダーラインと言われる理論上損益分岐点(プラスマイナス0)を上回る台を複数店舗の中から見つけ、それを自分が雇った複数名(さすがに会社の部下ではないです)とひたすら長時間打ち続けるという、今思うと大人としても経営者としても『どうなの?』と誰もが感じる日々を過ごしていた過去があります。

そして、雇った連中に報酬を支払ってもそれだけで毎月手元に50万円程度が残るようになった頃、その時に大切にしていた様々なものを失いました笑
(それ以来パチンコは封印)

なので、趣味は自分を破滅させることがあるということは肝に銘じているんですが、シーズン中はほぼ全試合を見聞きしながら仕事をする僕としては、ここ数年間は広島東洋カープに救われている気がします。

と言っても暗黒時代と呼ばれる万年Bクラスの頃からファンだったので、当時はストレスを感じる試合ばかり見させられ続けたんですけどね笑

でも今は、悲しいことや辛いことがあった際、カープという趣味が自分を支えてくれているような感覚がある。

そう考えると、不人気で弱い頃にファンをやめないでよかったなぁってつくづく思いますし、もしこの記事を読んでいる方で『熱中できる趣味なんてないなぁ』と思っている方がいたら、少しでも興味があることに触れてみることで、一生自分を支えてくれるような趣味に出会える可能性があるんじゃないかと。

そんな気持ちにさせてくれた、広島東洋カープのリーグ3連覇でした。

 

f:id:gi-communications:20180927223829j:plain

ただ、お酒やギャンブル、車やブランド品といった趣味(あとキャバクラ通いとかもか)は、身を滅ぼす可能性があるので程々に笑

それでは仕事に戻ります。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

8年目に突入した株式会社 義【ギ】コミュニケーションズを引き続きよろしくお願いいたします。